dictionary

女の子から甘えられると、少なからずテンションは上がるもの。
では、どのような甘え方によって、よりテンションが上がるのでしょうか?!
“目指せ!!甘え上手”ということで「ビアンのテンションが上がる甘え方8パターン」をご紹介させていただきます♪

【1】「ちょっとお願いがあるんだけど・・・」と簡単なことをお願いする。

「ペットボトルの蓋をあけて」や「高くて届かないから取って」など簡単なことであっても、女性から頼み事をされることで、少しテンションが上がってしまうビアンは少なくないようです。
ただし、ぶっきら棒に言うと可愛いと思われない可能性があるので、あくまでも可愛いらしくお願いするようにしましょう。


【2】「○○行ってみたい!一緒に行こうよぉ~!」と気軽に誘う。

話題の観光地やデートスポットに「行きたーい!」と発言し、さらには「一緒に行こうよ!」と誘ったり、「連れてってよ!」とお願いするパターンです。
相手はあなたに無邪気で可愛いという印象を受け、単刀直入に誘われたことでテンションが上がるようです。
ただし、その気のない相手にしつこく言うと、ただの「ウザイ女」になりかねないので要注意。


【3】コッソリと「二人でどっか行かない?」と囁く。

みんなで飲んでいる時に、特定の女性にだけ「二人でどこかに行こうよ。」と囁くパターンです。
みんながいる中でコッソリと言う「秘密のお誘い」には多くの人が「ドキッ」としてしまいがち。
一気に相手のテンションが上がる可能性があります。
ただし、カナリの積極性が求められるので、お酒の勢いが必要となるでしょう。


【4】「もう少し一緒にいたいなぁ。」とデートの延長を申し出る。

デートの終盤での一言です。
相手も同じ気持ちであれば、一気にテンションが上がることでしょう。
ただし、宿泊希望として理解される可能性が高いので、時間帯によっては覚悟が必要でしょう・・・。


【5】「甘えてもいい?」とダイレクトにアピールする。

甘えることをストレートに宣言するパターンです。
突然だと少し戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、あなたに好意のある相手ならば、可愛い発言に「ドキッ」とし、自然にテンションは上がるでしょう。
数回デートを重ね、急接近したい女性に対して有効な一言と言えるでしょう。


【6】いつもは言わないワガママを言う。

気心の知れてる相手や何度もデートを重ねた相手に、いつもは言わないちょっとしたワガママを言って甘えてみると意外と可愛いと思われるものです。
「自分には心を許してくれてるのかな?」と嬉しくなる人は多いようです。
ただし、あまりにも頻繁にワガママを言ったり、無理難題なワガママを突きつけたら「イラッ」とさせるだけなので気をつけてください!!
可愛らしい程度のワガママで、「もぉ、しょうがないなぁ~♥」と思わせてくださいね^^


【7】おっぱいを腕などにプニッとくっつける。

SEXYなスキンシップによって、テンションを上げるパターンです。
カナリ大胆な方法となりますが、今まであなたのことを恋愛対象外と思っていた相手を「ドキッ」とさせ、あなたを意識させることができるかも?!
単純だけど、恋は勘違いから起きるっていいますから侮れません!
ただし、「軽い女」だと思われる可能性もあるので、自然に接触する程度のさじ加減が必要となるでしょう。


実践できそうな甘え方はありましたか?
みなさんのキャラクターに合わせた方法を選んでいただければ幸いです。
また、今回紹介した方法以外に、良い甘え方があれば、是非教えてください♪



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る