恋人とのマンネリを打破する6つの方法

dictionary

お付き合いをしていく上で大抵のカップルがぶち当たるであろう大きな壁、そう「マンネリ」です。
このマンネリ、打開できずに別れてしまう2人も多いみたいですし、侮れないんですよね。
さて、この厄介なマンネリ、どうすれば予防できるのか?いざマンネリだと感じた時、どうすれば打破できるのか?そう疑問に思われている方も多いはず。 と言うわけで今回は、何に気をつければマンネリに陥らずにお付き合いをしていけるのか、をご紹介させて頂きます。皆さん是非、実践してみてくださいね。

【1】思い出の場所へ出かける

二人が初デートをした場所、初めてキスした公園など、二人の思い出のつまった場所に出かけてみてください。
あの頃の新鮮な気持ちが思い出され、またラブラブに戻れることでしょう。


【2】変わったデートをする

日ごろの生活ではなかなか行わない、刺激的なデートをしてみましょう。
例えば、陶芸・ロッククライミング・アスレチック・一緒に美容室に行く・工場見学などです。刺激的であれば、何でも構いません。
恋人の新しい一面を見ることで、新たな魅力を再発見できることでしょう。
自分の新たな魅力も、相手に発見してもらえるかもしれませんね。


【3】手紙を書く

お互い、手紙を書きあいましょう。
手紙を書くと、相手のことをたくさん考えます。
普段は照れてしまって口に出せないようなことも、文章にするとうまく伝えられるでしょう。 彼女の魅力・好きなところ・感謝の気持ちなど、たくさんつづって、相手に渡しましょう。


【4】イメチェンをする

メイク・ファッション・髪型などをいつもと違った感じにしてみましょう。新たな魅力を再発見できるかもしれません。

恋人の見慣れない姿に、きっとドキドキすることでしょう。相手の好みなどを取り入れてあげると、なおよいですね。

イメチェンした本人も、自分ではないような心地になり、大胆なことができたりと行動や話し方も変わることがあります。是非イメチェンを楽しんでみましょう。


【5】行ったことのない所へ行く

付き合いも長くなると、行動パターンがいつも同じになったり、行動範囲が限られてくるものです。
これがマンネリの始まり。時には二人ともが行った事のない所へ、二人で行ってみましょう。
知らないところは、ドキドキするものです。新しく見つけたお店などでもよいでしょう。


【6】「ちょっと物足りない」くらいが丁度いい

そうなんです、これが結構大切です。例えば、毎日のように会っていたデートの回数を週に1回にしてみるとか、同棲するのではなくちょっと離れた場所に住んですぐには会えないようにするとか、急な仕事を入れてみるとか…色々ありますよね。
二人の間に壁や障害があると更に二人は燃え上がる~みたいな感じです。
初めはとっても満足感が得られていたのに、いつも満腹の状態が続けばいつの間にかそれは普通のことに変わって行ってしまう・・・それを無くせば良いんです。
「彼女と毎日会えなくてちょっと物足りない」、「歩いてすぐに会える場所に居なくてちょっと物足りない」、この感じが良いんです。
でも、だからと言って相手のことを疎かにするようなことはいけません。「先週も仕事だったけど今週も仕事で会えなくなった」なんてことになってしまったら、後からちゃんと埋め合わせをしましょう。


マンネリは必ずどのカップルにも訪れるものだと思いますが、できる限り長くラブラブでいたいものですよね。
マンネリ気味になった時には、是非今回の記事を参考にしてみてください。
でも、何よりも肝心なのは相手への思いやりを忘れないこと。幸せな恋愛をしていきたいものですね。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る