dictionary


 婚姻届の受理を拒否されたとしてゲイカップルが行政訴訟を起こしていた件で、台北高等行政裁判所は昨年12月20日に予定していた判決を取りやめ、憲法解釈請求を検討すると発表しました。

陳敬学さん(右)と高治瑋さん(左)は2006年9月に結婚披露宴を行い、2011年8月に台北市中山区の戸政事務所に婚姻届を提出したが、役所は受理を拒否していました。
同年末の請願も受け入れられず、昨年4月に行政訴訟に踏み切りました。

2人は、真に愛し合っている者同士の結婚が認められないのはおかしいと主張しており、同性愛者団体や専門家らも次々と「誰にでも結婚の権利はあり、差別されるべきではない」と支持を表明し、世論の注目を集めています。

陳さんは昨年12月20日の裁判所の判断に対し、「勝訴し台湾が同性愛者の人権を認める国家となることを期待していたので残念だ」とした上で、諦めずに戦い続けると語りました。
担当弁護士は、配偶者の義務や権利についての法規は何百もあり、婚姻届の提出さえ認められれば万事解決という問題ではないと指摘し、憲法解釈により法的に効力のある結論が出ることに期待したいと話しています。

台湾では、最高裁のさらに上に司法院という最高機関があり、憲法解釈はこの司法院の大法官会議で行われます。
もしここで同性婚を認めるべきであるという判断が示されれば、台湾の立法府(議会)は、その判決に対して迅速に行動することを要求されますから、同性婚法の制定は確実になります。

アジアで初めての同性婚合法化に向けて台湾が大きなステップを踏み出したといえるでしょう。

ちなみに、台湾ではゲイパレードの様子も主要メディアできちんと報道されています。




コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る