dictionary

11月20日に新作『ザ・マーシャル・マザーズLP2』をリリースするエミネムだが、アルバムの歌詞の中でホモセクシュアルの蔑称として使われることの多い「faggot」が多用されていることが反同性愛者的だと批判を呼んでいることに対して、エミネムは同性愛者に対してなんのわだかまりも嫌悪感もないと反論している。

「faggot」は新作中の"Rap God"などいくつかの曲で使われているが、同性愛者嫌悪からこの言葉を使っているわけではないと『ローリング・ストーン』誌にエミネムは語っている。エミネムは「faggot」は必ずしもそのまま同性愛者を指しているわけではなくて、特にエミネムがラッパーとしてデトロイトで頭角を現し始めた頃は、むしろもっと自由な意味合いで使われていた言葉だったと説明している。

「それは誰かを多少の愛嬌をもって『bitch(ビッチ)』とか『punk(カス)』、『asshole(クソ野郎)』と言うのと同じで、あの頃は『faggot』を同じようにぽんぽん使っていたものだったんだよ。だから、俺としては自由になんだって言葉にしたい一方で、言葉が人にどう影響したりしなかったりするかってことで心配するという、俺の中での言葉の押し引きの問題になってくるんだよ」

(続きはこちら)
http://ro69.jp/news/detail/91928



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る