dictionary

アメリカのLGBTマーケティング会社Community Market & Insights (CMI)社が、LGBTトラベルの傾向やパターン、嗜好についての調査結果を発表しました。

2013年度はアメリカに住むLGBT3000人に対して調査を実施。以下の結論が報告されています。

1. 2013年度は前年度に比べ、LGBTのレジャー旅行は5%増加。一方、ビジネスでの旅行は前年に引き続き減少している。

2. 「どのホテルグループがLGBTコミュニティに対して良い仕事をしているか?」との質問に対して、ヒルトングループがNo.1の座を獲得。

3. LGBTのアメリカ人の中では、ニューヨークが一番人気。次いでシカゴとサンフランシスコであった。

4. ホテル選びのとき、最も重要な決めては無料WiFiであると、70%のLGBTが回答。Wifiに課金するホテルは選ぶときのマイナス要素となる。

5. 子供を育てるLGBTのうち、「LGBTフレンドリー」なホテルより、「子供に優しい」ホテルである方が重要であるとの傾向。

6. 45歳以下のLGBTの75%が、旅行の情報収集にモバイル機器を使用する。そのうち80%はレストラン探しに使用し、60%は地元のアトラクション探しに利用する。

7. Pride(ゲイパレード)はLGBTトラベルにおいて、重要なモチベーションとなる。若い世代はより、Prideパレードが開催される都市への旅行を好む。

8. LGBTメディアと通常のメディアは、LGBTトラベルのモチベーションに、同等の影響を与える。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る