dictionary
出典:www.reuters.com

欧州のポップ音楽コンテスト「ユーロビジョン」の決勝が10日、デンマークの首都コペンハーゲンで開かれ、「ひげ面美人」として知られるオーストリアの女装家コンチータ・ウルストさん(25)が優勝し注目を浴びた。

ウルストさんの本名はトーマス・ニューワースで、ドラッグクイーン(女装した男性)だが、女性らしい長髪や化粧とは対照的に、黒々としたひげをたくわえた容姿をしている。



出典:www.dailymail.co.uk


ウルストさんは歌手だけでなく、モデルやテレビパーソナリティなど様々な分野で活躍。「コンチータ・ウルスト」という存在は架空のキャラクターであり「トム・ニューワース(本名)」という存在の分身だと説明しています。

また、女性の格好をしながらヒゲを生やしているのは、トランスジェンダーだからというだけでなくパフォーマーであることも理由のようで、ウルストさんは「寛容を守るために差別と戦い続ける」と話していました。


【女装前はかなりのイケメン?!】
出典:hyperwicked.com


■オーストリア代表出場に賛否


 ウルストさんがユーロビジョンに出演することに関しては、オーストリア国内でも論争となっていました。
見た目と歌唱力で人気となったウルストさんが、国を代表してヨーロッパ中で注目される歌番組に出演することを快く思わない人も多く、批判が殺到したのです。
フェイスブックには、ウルストさんがコンテストに出ることを反対するページも作成されており3万8000人もの賛同を得ていました。さらに、保守政党の党首は「ばかばかしい」と評し、「男か女か分からないやつは、歌のコンテストではなく精神病院に行くべきだ」とも発言していました。

そんな中行われた記者会見で、ウルストさんは「私がこのひげ面の女性を生み出したのは、人は自分のしたいことを何でもできるんだということを世界に示したかったから」「他人を傷つけない限り、私たちは人生で何でも好きなことをやっていい。くさいせりふだけど、人生は一度きりなんだから」と語っていました。

そして、コンテストで「Rise Like A Phoenix(不死鳥のようによみがえれ)」を歌い優勝。ひげ面ながら、体にぴったりしたきらびやかなドレスを着て長い茶色の髪をなびかせながら歌うウルストさんの姿に議論が起きる一方で、称賛の声も確実に上がっていました。

2013年に同性愛宣伝禁止法を制定したロシアのプーチン大統領へのコメントを求められた時も「もし見ているなら、はっきりさせたい。私たちは止められない」とウルストさんは訴えていました。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る