CNNが、ローマ法王庁(バチカン)は今月13日に発表した報告書に「教会は同性愛者を歓迎し尊重すべきだ」とする文言を盛り込んだと伝えました。バチカン事情に詳しい関係者は、これを「画期的な出来事」と評しています。

前ローマ法王のベネディクト16世時代の教会は、「同性愛傾向が深く染みついた」男性を聖職者から一掃しようとするなど、これまでのカトリックの教えでは、同性愛行為を「本質的な障害」と呼び、同性愛者には貞操を守って生きるよう求めてきました。

しかし近年では、フランシスコ法王が、自分は同性愛者を「裁く立場にない」と発言するなど、同性愛者に対するカトリック教会の姿勢は変わりつつあります。

今回の報告書では、結婚は男女間のものとする見方は変えず、「同性間の関係を、男性と女性の間の結婚と同列に扱うことはできない」としながらも、同性間でも良い関係の実例はあると指摘したといいます。
この会議は今週いっぱい続けられ、週の終わりに発表される最終報告書が待たれています。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る