www.pinterest.com/pin/368380444491361506/

新作映画『The Imitation Game(原題)』で実在した同性愛者の天才数学者アラン・チューニングを演じる人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが、米・同性愛者向け雑誌「Out Magazine」のインタビューで、ハリウッドにおける同性愛者の俳優に対する差別に憤りを感じていることを話しました。

同性愛が作品などで描かれ、同性愛を公表している業界人も多いハリウッドだが、主演級の俳優が同性愛者であることを告白するのはまだまだ容易ではないと感じているベネディクトは、「ハリウッドで主演俳優として売り込むなら、残念だが“僕は同性愛者です”と言うことは、未だに大きな障害となる。同性愛者だが、そのことについて話したがらない、または触れたがらないという俳優や否定する俳優を僕たちは皆知っている。そうしたことに、彼らがどうやって対処しているのか僕には分からない」と話しました。

 また、世界には抱いている信仰や性的指向が原因で斬首刑になる人がいるという現状について「ゾッとする。古くさくて野蛮だ。斬首だなんて!自分たちと同じ信仰を持たなければ殺すと言うような人間とは最後まで戦う」と話している。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る