オスカー女優として活躍するテータム・オニール(51歳)が、現在進行形で女性とデートしているとバイセクシャルをカミングアウトしたことが話題となっている。

GayStarNewsでは、オニールが最近特定の女性とデートを重ねており、自身も同性の恋人を望んでいると報じている。
オニール「私は女性が好き。最近デートするのは女性。女性は地球上で一番素晴らしいもの。出会ってきたどの男性よりも遥かに賢く優しい。この関係を楽しんでいるわ」と肯定している。

しかし、オニールはバイセクシャルそれともレズビアン?と噂をされることを望んでおらず、「私はひとつに属さない」と発言している。

また、本人はバイセクシャルと言われることについて「私は一つでもなく、他でもないわ」と発言し、自身のセクシャリティを、バイセクシャル or レズビアンと限定されることを嫌った。 テータム・オニールは、映画『ペーパー・ムーン』にて、史上最年少(当時10歳)でオスカーを受賞をした名女優。近年は『セックス・アンド・ザ・シティ』や『LAW & ORDER』などのTVシリーズへの出演が中心となっている。 私生活では、テニス界の大御所ジョン・マッケンローと結婚後3人の子供をもうけたが、現在は離婚している。

テータム・オニール
9歳の時に父親と共に映画『ペーパー・ムーン』に出演、最年少(10歳)でアカデミー助演女優賞を受賞。シャーリー・テンプルの再来かと騒がれる。1976年の『がんばれ!ベアーズ』の頃は最も稼ぐ子役スターだったが、以後は役に恵まれず次第にスクリーンから遠ざかってゆく。
近年は『セックス・アンド・ザ・シティ』や『LAW & ORDER』などのテレビシリーズ、単発のテレビ映画、『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』のようなリアリティ番組への出演が中心だが、2002年の”The Scoundrel's Wife”でサンディエゴ映画祭の主演女優賞を受賞している。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る