(http://tokyo-lgff.org/)

今年で24回目となる「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が7月11日~20日にかけてシネマート新宿とスパイラルホールの2会場で上映される。

今年はカンヌ・ベルリン・サンダンスなど、各国際映画祭への出品作から⾻骨太なドラマやドキュメンタリーを厳選しているとのこと。
作品の多くが日本初上映で、TILGFFでしか観られないものばかり。
また、アジア最⼤大のプライドパレートの開催地である台湾からは、新しい潮流の短編映画をお届け。

今年も期待大のイベントとなりそうだ。

ガチレズ!PICK UP作品

『ボーイ・ミーツ・ガール』

~この気持ちって友情? それとも恋?~  迷える人にささげるリッキーの人生応援歌


夫に失望した中年の主婦エマは、家を飛び出し、息子のエリオットのアパートに転がり込む。 エリオットは冴えないラブライフと店の経営不振に悩む中華料理店のシェフ。ある⽇日、エリオットがゲイだと知ったエマは、ショックのあまり息⼦子を突き放してしまう。でも、店の危機を救えるのはエマ直伝のレシピだけ…。料理を通して⼼心を通わせる⺟母と息⼦子、息⼦子と恋⼈人を描いたハートフルなコメディ。ジョージ・タケイが本⼈人役で登場。
詳しくみる
『ハンパな私じゃダメかしら?』

~ちっとも完璧じゃない私の人生~  ハンパな女子の自分探しの行方は?


シリーンはイラン系一家の自慢の娘で、ブルックリン在住のヒップスターで、意識の高いバイセクシュアル…になろうとするも、すべてがハンパな20代女子。恋人のマキシーンとは別れ、家族にはカムアウトできず、子供向け映画教室の講師業は苦労ばかり。ああ、どうして人生こうなった? 『GIRLS/ガールズ』に出演中のデジリー・アッカヴァンが主演・監督を務めるオフビートなロマンティック・コメディ。2014年サンダンス映画祭出品作。
詳しくみる
『太陽を失って』

~絶えず変化する大都会ジャカルタ~  女たちの愛と性をめぐる一夜の冒険


32歳のギアは⻑⾧長い海外⽣生活を終え、故郷のジャカルタに帰国したばかり。同性愛者を受け⼊入 れないこの街に失望して留留学した彼⼥女女だったが、昔の恋⼈人ナオミと再会し、かつての希望に 満ちた⽇日々を取り戻そうとする。傷つきながらも愛を求める20代、30代、40代のヒロイン 3⼈人の⼀一夜を描く群像劇。巨⼤大な“コンクリート・ジャングル”ジャカルタが彼⼥女女たちを時に 冷冷たく、時にやさしく包み込む。
詳しくみる



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る