【台湾】合同結婚式10月から同性カップルも参加可能

(via:フォーカス台湾)

台北市政府民政局は台北市合同結婚式への同性カップルの参加を10月から許可すると発表。
台湾の合同結婚式は1973年から行われており、これまでは男女のカップルしか参加ができなかった。

市議会は今月初旬、式への参加要件を定めた規定の廃止を決定。
その理由として「以前は結婚の際には挙式が必要であったが、2008年に民法改正してから婚姻届を提出のみが必要となり、合同結婚式が象徴的な意味しか持たなくなったこと。また、他の県や市では関連の規定を設けていないからだ」と声明を出した。

台北市では今年6月17日に同性カップルの関係を認めるパートナー登録の受付を開始した。
日本の渋谷区同様、法的効力は持たないがこの証明書により、病院などで医療法上の「関係者」として認められ、手術同意書などへの署名が可能となる。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る