同性カップルにとってこれまで長らく悩んできた生命保険の受取人をパートナーに指定できないという壁を、大手生命保険会社「ライフネット生命」が指定可能にした。
受付は11月4日から始まっている。

同性パートナーを死亡保険保険金受取に指定するときに必要な物は、「同居の事実を確認するための住民票」「パートナーであることの書面」など。

従来、死亡保険金受取人の指定範囲は原則「戸籍上の配偶者または2親等内の血族」としており、異性の事実婚のパートナーの場合は、 一定の条件のもと死亡保険金の受取人に指定いただくことが可能でした。このたび、みなさまのご要望の高まりを受け、同居期間など一定の条件のもと同性のパートナーを受取人にご指定いただけるようにいたしました。

ライフネット生命はこちら



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る