6日に放送されたNHK総合の「あさイチ!」で女優の室井佑月氏がカミングアウト出来ないLGBTの人たちに対して、“LGBTであることを笑い話にできれば良いのではないか”というような内容の発言があり、ネット上で波紋を呼んでいる。
番組は「こどもがLGBT 親ならどうする?」という題材でLGBT当事者として松中権さん、松岡宗嗣さん、室井舞花さん、杉山文野さんらが登場し、親にしてほしかったことやカミングアウトのときの悩みなどを正直にトークするというもの。

松中さんは飲み会で同性愛が「ネタ」にされた際に気持ち悪かったり、悔しく感じたことがあると語った。
(飲み会の雰囲気で)不本意ながら笑わざるを得なかったとのことで「自分を否定されたような気持ちになった」とその時の心中を告白。理解ある人が「そんなこと言っちゃいけないよ。いろんな人がいて当たり前じゃない」と言ってくれるだけで、安心できると主張した。
その主張を聞きつつ、室井氏は「自分の話で(周りを)面白くできれば一番いいよね」と発言。

続けて「“気を遣わないといけない”と思うとちょっと面倒くさい」と切り出し、自分自身や有働アナウンサーが独身をネタにすることを引き合いに出した。

この発言に対し、松岡さんは「できる人はいいんですけど、やっぱりできない人たちが“死にたい”とか“辛い”とか思っちゃう」と語り、杉山さんも「子供たちなんかはそれが言えなくて、なかなか笑いには変えることはできないですね」と説明。

最後に室井氏は「でも、腫れ物に触るような感じになったらイヤでしょう?」とコメント。

この番組での室井氏の発言に対し、ネットでは批判的な意見が多く寄せられているようだが、皆さんはどう思いますか?



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る