via.Instagram

2010年公開の映画『食べて、祈って、恋をして』の原作者エリザベス・ギルバートが、レズビアンであることをカミングアウトした。
彼女は現在、15年来親友として親しくしてきたレイヤさん(女性)と恋人として同性同士で交際しているという。

同映画はジュリア・ロバーツが主演し日本でも大ヒットを記録。世界中の女性たちから支持された作品だ。
ストーリーは、ある日突然イタリア、インド、バリを巡る「自分探しの旅」に出るアメリカ人の主人公が、外国で出会った人々や経験を通じて人生を見つめ直し真実の愛を見つけるというもの。

主人公のリズのモデルとなったのが著者のエリザベス。
彼女は今年7月に約9年間連れ添った夫と離婚。夫は、『食べて、祈って、恋をして』の物語の中で主人公が結ばれる「フェリペ」のモデルだ。

そんな彼女の現在のパートナーは女性のレイヤさん。15年来親友として親しくしてきたが恋人へと変わった。彼女はフェイスブックで、今回のカミングアウトに至った経緯を綴っている。

気持ちに気づいたきっかけとして、パートナーのレイヤさんが重度のガンを患ったことだと明かした。
「レイヤの診断をはじめて知った時、心の底に隠れていた秘密の抜け穴が開いたようだったわ。自分自身の存在意義がその穴から抜け落ちて、それ以来彼女のことだけしか考えられなくなったの」

今回カミングアウトした理由については、
「私は世間の目にさらされる生活を送っているから。これから彼女と長い間一緒にいるところを人々は目にするわ。レイヤが今も私の親友だというフリをすることはできない。この関係を偽ることに労力を費やしたくないのです」と語っている。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る