via.www.aceshowbiz.com、www.cinematoday.jp

レズビアンがヒロインの小説「Disobedience(原題)」の映画化が決定した。

イギリス人作家のナオミ・オルダーマンの2006年デビュー小説を映画化する。
ヒロインを演じるレイチェル・ワイズ自らがプロデュースし、セバスティアン・レリオ監督と共同脚本を務めるという。
ヒロインが密かに思いを寄せる親友としてレイチェル・マクアダムスが共演。2017年上半期に撮影が開始される予定だ。

正統派ユダヤ教徒の家庭で育ったレズビアンのヒロイン。
疎遠となっていた父の葬式のため里帰りをすることになる。
彼女は自分の従兄弟と結婚した幼なじみの親友を密かに愛していたが、里帰りをきっかけにその思いを新たにして静かで保守的な町に波風が立っていく…。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る