via.Facebook

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」シリーズの第2弾に若き頃のダンブルドアが登場し、ゲイとして描かれることになりそうだと原作者J・Kローリングの会見から話題になっている。

本作は「ハリーポッター」シリーズの70年前を舞台にした新シリーズ。
ダンブルドアは「ハリーポッター」シリーズではホグワーツ魔法魔術学校の校長を務めている。20世紀で最も偉大な魔法使いであり、ヴォルデモートが唯一恐れる人物。

J・Kローリングは2007年にもダンブルドアはゲイとして執筆していたと語っている。
さらにダンブルドアが若かった頃、新シリーズにも登場する親友のグリデルバルドに恋していたとも明言している。

会見では、「すべて話すことはできないが、ダンブルドアと親友グリデルバルドの関係についてはたくさんのことが明らかになるだろう。彼のセクシャリティーについては乞うご期待。」と答えている。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る