黒人レズビアン女性のアーラン・ハミルトンが創業したバックステージキャピタル(Backstage Capital)はご存じだろうか。
女性、有色人種、LGBTなどマイノリティが立ち上げたスタートアップに投資するVC(バックステージキャピタル)だ。

アーラン・ハミルトンは2年前にVCの世界に入ろうと試みたが、金融やITの経験はなく、シリコンバレーでアシスタント職に応募しても断られる日々だったという。

2015年、そんな彼女にチャンスが訪れる。
シード投資ファンド500 Startupsとスタンフォード大学が主催するプログラムに参加し、エンジェル投資家に出会いミーティングを重ね、500万ドル(約5億5,000万円)の資金を調達した。
その資金をもとにバックステージキャピタルを創業したのである。

投資する側もされる側も白人男性が大多数を占めているのがVCの世界。
黒人で同性愛者の女性であるアーランはこの業界では異端だが、この1年で目覚ましく躍進している。
彼女は今後について「私の存在が必要なくなることが目標です」と話している。
そして、「5年以内に不要な存在になっていたい。ハンディをなくすためのファンドがあること自体、おかしな話です。イノベーションや優秀な人材に公平に機会が与えられる状態、それが本来あるべき姿なのです」 という。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る