4月から札幌市が、LGBTカップルを公的に認める「パートナーシップ制度」を導入することがわかった。

同様の制度は東京都渋谷区や世田谷区など5自治体で始まっている。
札幌市は6つ目の自治体となり、政令市では初めてとなる。
20歳以上の札幌市在住か転入予定のカップルが対象となる。
市職員立ち会いのもと「宣誓書」に署名し提出すると、パートナー証明となる「受領証」が交付される。

性同一性障害にも考慮し、同性異性にかかわらず申請できるようにしていたのが特徴だ。

条例化するには時間がかかってしまうため、「要綱」に規定を盛り込み対応していくとのこと。

さらに札幌市では19日に、LGBTなどの性的少数者を対象を対象にした「成人式」が昨年に続き開催される。
社会の多様性を認める姿勢や積極的な動きがみられている。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る