via.Instagram

米プロフットボールリーグ(NFL)第51回スーパーボウルのハーフタイムショーにレディ・ガガが登場。

パフォーマンスの数時間前に「このパフォーマンスは、誰からも必要とされていないと感じている若い人たち、そして誰かに認めてもらうのがどれほど大変かを知っている人たちのためのものになる」というメッセージを投稿し、政治的に踏み込んだ発言をするのではないかと囁かれていた。

しかし、パフォーマンスではレディー・ガガらしい多様性に対する寛容のメッセージが込められていた。

ガガは、会場のNRGスタジアムの上空から登場。
米愛国歌「ゴッド・ブレス・アメリカ」に続き、「This Land Is Your Land」を熱唱しNRGスタジアムの屋根からジャンプした。
数々のヒット曲を披露し、その中でも「Born This Way」では歌詞の「ゲイでもストレートでもバイでもレズビアンでもトランスジェンダーでも、私は正しい、私は生きるために生まれてきた」という部分を選び熱唱した。
この曲は、個性とダイバーシティを認める曲であり、LGBTをサポートするメッセージが込められている。

ガガは以前からLGBTの権利を強く訴えており、今回のパフォーマンスにも様々な著名人から賞賛の声があがっている。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る