via.Instagram

英国のウィリアム王子が、これまでのLGBTに対する理解や差別撲滅を訴えてきた功績を認められ、同国のLGBT賞にノミネートされたことがわかった。

ウィリアム王子は2016年にイギリスのLGBT誌「Attitude」の表紙を飾っており、これは英国王室では初めてのことだった。
その他にも、ケンジントン宮殿にLGBTの若者達を招待し、いじめや差別の問題などについて対談するなど、LGBTをサポートする姿勢を貫いてきた。

今回ノミネートされたLGBT賞とは、世界中のLGBTの権利向上に貢献し、サポートを惜しまない個人に贈られるもの。
ノミネーション発表と同時にオンラインで一般投票が始まり、現地時刻5月12日にロンドンで開催の授賞式で受賞者が発表されるという。

いくつかある部門の中で、ウィリアム王子はLGBTコミュニティを支援するLGBT以外の有名人に贈られる「LGBT+CELEBRITY STRAIGHT ALLIES」部門にノミネートされている。
過去に俳優ダニエル・ラドクリフやロックバンド「クイーン」のブライアン・メイなどが受賞している。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る