via.Vogue Paris

フランス版『ヴォーグ』誌がトランスジェンダーモデルを初めて表紙に起用したことがわかった。
そして、彼女のことを「たまたま少年として生まれてしまったファムファタール」と呼んでいるという。

今回トランスジェンダーモデルとして初めてフランスのファッション雑誌の表紙を飾ったのは、ブラジル生まれのヴァレンティナ・サンパイオ(22歳)。

フランス版『ヴォーグ』編集長エマニュエル・アルトは、「今後もトランスジェンダーの人々を支援し、称賛していく道を選ぶ」とし、「トランスジェンダーの人がファッション雑誌の表紙を飾るようになれば、もうこの問題についての記事を書く必要もなくなり、偏見との闘いに勝ったことがわかるだろう」と語っているという。

他にも、様々な雑誌や企業でトランスジェンダーについてスポットライトが当てられている。
12月に『ナショナル・ジオグラフィック』はジェンダー革命と題する特集記事を掲載し、9歳のトランスジェンダー少女エイヴリー・ジャクソンを起用。
テレビシリーズ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』に出演するトランスジェンダーのラヴァーン・コックスは、2014年6月号のタイム誌の表紙を飾っている。
化粧品会社ロレアル・パリは、トランスジェンダーモデルで女優のハリ・ネフを採用し、世界的広告キャンペーンで打ち出している。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る