台湾、芸能人ら115人団結しLGBTにエール


5月11日台湾・台北市内に、115人の芸能人がLGBTの尊厳を象徴するレインボーフラッグを掲げる巨大パネルが登場。
パネルでは芸能人がそれぞれLGBTにエールのメッセージを掲げ、「差別でなく正視しよう、尊重し愛を分け与えよう」と呼び掛けている。

5月17日の「国際反ホモフォビアの日」に合わせてLGBTへの理解を促す特別展の一環として展示されたものだという。
国際反ホモフォビアの日とは、同性愛がWHOの疾病リストから除外されたことを記念して定められたもの。

歌手のアーメイ(張恵妹)やジョリン・ツァイ(蔡依林)、レイニー・ヤン(楊丞琳)といった面々がコラボレーションしたチャリティーソング「We Are One」も製作され、同展で1000枚限定で販売される。

CDジャケットの絵画を描き下ろしたジョリンは、「どんな自分になるかはあなた自身が決めるのだ」という意味が込められているといい、作品には「あなた」と名づけられている。
同作品も同展のチャリティーオークションに出品されるそうだ。



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る