2017年9月16日(土)から『第11回 関西クィア映画祭 2017』が開催されます。
関西クィア映画祭とは、「典型的でもあってもなくてもいい、変(=クィア)でもいい、性のあり方は多様だ、私たちは生きていける。」というメッセージがあふれる映画を上映する「みんなのお祭り」です。

2005年7月に第一回が開催され、今年で11回目を迎えます。
17の国と地域から長編12作品、短編15作品を集め、全27作品のほとんどが日本初上映だそうです!
そして今年は、「セックス!セックス!セックス!特集」に加えて、「私達のストーンウォール」と「不可視化に抗う」といった二つのミニ特集が設けられているのも注目です。

女子系の映画が盛りだくさんの上映作品の中から、オススメをご紹介します!

1.『姉妹関係』


英題・原題:Sisiterhood(骨妹)
監督:トレイシー・チョイ
2016|マカオ・香港|97分|広東語 ★今年の大阪アジアン映画祭人気作品

 1999年のマカオ返還の日、周りが喜びに沸き立つ中、セイは、リンから突然の別れを伝えられた。リンの子ロクをふたりで共に育て「ずっと一緒にいよう」と想い合っていたのに、なぜ?リンの死を知り、15年ぶりに故郷マカオを訪れたセイ。マッサージ嬢として働いていた当時の仲間や、青年になったロクに再会する。貧しくもたくましく生きてきた青春の日々。あなたはあの時何を考えていたの??真実を知ったセイは、もう一度自分の道を選び直す。

2.『マイ・シェアメイト』


英題・原題:My Sharemate
監督:田中 麻子
2017|日本|25分|日本語 ★関西初上映

 よしえと涼子はルームシェアをしている仲良し同士。ある日涼子から、共通の友人の愛梨と付き合い始めたことを告白され、よしえは家を飛び出してしまう。「だって、二人とも…女同士…」涼子からの告白にどう向き合えばいいのか悩むよしえ。よしえが最後に下す決断が見逃せない!「友達」「彼女」「彼氏」…そんなカテゴリーを超えて考えたい。あなたなら誰と一緒に住みますか?

3.『サラ/Rara』


英題・原題:Rara
監督:Pepa San Martin
2016|チリ・アルゼンチン|92分|スペイン語 ★日本初上映

 母とその恋人、妹の4人で暮らすサラ。クラスメイトへの意識と冷やかし、キスの経験、親への抵抗、自己顕示のためのちょっとした嘘や強がり。微妙に揺れ動く10代の心理と日常を淡々と綴った佳作。本作を流れるのは会話のみでナレーションによる説明はない。だからこそ、サラの行動から汲み取るものは、観る者ひとりひとりによって違ってくるだろう。思えば自分もこんな感じだった。そう、サラはかつてのあなたそして私。

『第11回 関西クィア映画祭 2017』
■大阪
①期間:2017年9月16日(土)
 会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
②期間:2017年9月17日(日)
 会場:すてっぷ(とよなか男女共同参画推進センター)
■京都
 期間:2017年10月27日(金)~29日(日)
 会場:京都大学西部講堂(京都市左京区吉田泉殿町 京都大学構内)


・1回券(1枠に有効) 前売り:1,300円/当日:1,600円
・3回券(3枠に有効)前売り:3,400円/当日:4,000円
・大阪パス(ドーンセンター、すてっぷの全枠に有効)前売り:3,800円/当日:5,000円
・京都パス(京都大学西部講堂の全枠に有効)前売り:6,800円/当日:8,000円
・フリーパス(全会場全枠に有効)前売り:10,000円/当日:12,000円
※割引券:当日のみ販売。全券種につき半額。会場受付で証明書等の提示が必要。

詳細はこちら(公式HP):
http://kansai-qff.org/2017/



コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る