Via.Youtube

エル・ファニングがトランスジェンダー役に挑戦した映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』の日本公開が決定し、予告も解禁となりました。
本作は、アメリカでの公開延期によって日本公開も延期となっていましたが、2018年2月3日に公開されることが正式に決定しました。

心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを演じるのは、『マレフィセント』のオーロラ姫役などで人気のエル・ファニング。
その他にも恋多きシングルマザー・マギー役をナオミ・ワッツ、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリー役をスーザン・サランドンが演じます。

16歳になった主人公のレイは身も心も男の子になりたいと決断。
シングルマザーのマギーはホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とし、「息子を育てることになる」ということに動揺を隠せないでいた。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリーもいまいち理解できない…。
その一方で、レイは髪を短く切り、体を鍛え、“本当の自分”に少しずつ近づいていくことに生き生きしていた。
そんなレイを見たマギーは、治療の同意書のサインをもらうため、意を決して別れた夫に会いに行くが、そこで“家族の秘密”が明らかになる…。

最初は戸惑いを隠せない母と祖母も、徐々にレイを理解し一番の理解者となって支えていきます。何度もぶつかり合っても、家族だからこそ何度でもやり直せる。
観る者に大きな愛と感動を与えてくれる、家族の物語となっているそうです。




コメント


ニュース・話題

  1. net-news
  2. news-paper
  3. video-news
  4. weather
  5. entertainment-news
  6. sports-news
  7. business-news
  8. pc-it-news
  9. town
  10. money
ページ上部へ戻る