レズビアンが男性を遠ざけたいときの一言7パターン

レズビアンゆえに、男性に積極的にアプローチされても反応に困りますよね・・・。
あまりにもしつこいと対処に困ったり、ウンザリして遠ざけたいと思うことも多いのではないでしょうか。
そのような時、レズビアンの皆さんはどのような方法で、なるべく失礼のないように男性を遠ざけているのでしょうか。
今回は「レズビアンが男性を遠ざけたいときの一言7パターン」を紹介させて頂きます。 

【1】「私、恋人いるんだよね。」と恋人がいることを話す。

本当に恋人がいる場合は、いかに恋人が好きかラブラブなことをアピールすると、自然と相手はアプローチすることをやめていくでしょう。
ただし、実際に恋人がいない場合は嘘をつくことになるので、話を突っ込まれてもいいように筋書きをある程度考えておかなければならず、難しいかもしれません。

 

【2】「○○ってホント良い友達だよ。これからもよろしくね。」

「友達」というキーワードをハッキリと言うことで、恋愛対象ではないことをアピールするパターンです。
「友達」だということを連発しておけばなんとなく気がつくでしょう。そして「これからもよろしくね」と笑顔で伝えましょう。

 

【3】「○○には絶対良い子がいるって。」「○○なら素敵な彼女見つかるよ。」

応援する立場を明確にすることで、恋愛対象外であることをアピールするパターンです。
ただし肉食系男子の狩猟本能を呼び覚ましてしまい更に恋の炎を燃え上がらせ、唐突に「お前がいいんだ!」なんて告白されてしまうことも・・・。

 

【4】「友達に可愛い子いるんだっ!今度紹介するね!」

彼女候補となる他の女の子を紹介する約束をすることで、自分と付き合う可能性はないことを遠回しに伝えるパターンです。
相手の男性があっさりしている方なら、なかなか有効な手段だと思います。

 

【5】「私、めっちゃ気になる人がいて…」と、あなたは眼中にないアピール。

恋愛相談することで、「あなたは恋愛対象外です」と伝えるパターンです。
具体的に相談すればするほど、リアリティが増し、男性は諦めざるを得ない状況へ促す効果がありそうです。

 

【6】「ごめん無理。」ときっぱり断る。

ストレートに表現するパターンです。
遠回しな表現で伝えても伝わらない場合には、ハッキリと伝えることも必要かもしれません。

 

【7】「私、レズです。」とハッキリ言う。

ハッキリ言えたら良いのですが・・・相手がちゃんと理解してくれた場合は性別を超えた友情が生まれる可能性もあるかもしれません。

やはり「恋人がいる」や「好きな人がいる」が相手をなるべく傷つけずにすむのかもしれません。
ただし、「好きな人」のことを話す時は具体的に彼とは違うタイプの人のことを話さないと、「もしかして俺のこと?」なんて勘違いする人もいるそうです。他にも体験談などあればコメントにてお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。