レズビアンとして生きていく上で一番重要なのは「安定した職に就くが第一位!?」レズビアンに聞いた!将来への不安と希望【3】

以前ご好評いただいた記事「レズビアンに聞いた!将来への不安と希望」の第3弾!!
今回は「レズビアンとして生きていく上で大切なのは友人?パートナー?それとも・・・?」という現実的な質問へのアンケート結果をご紹介致します。

Q1.将来のために持ち家やマンションの購入は考えていますか?

 

 

アンケートでは将来のために持ち家やマンション購入を考えている人が過半数近くとなりました。
その一方で、まだ先のことは分からないと答えた方も少なくはありません。
中には「実家がマンションをいくつも持っているので心配ない」という方や「土地があるのでそこに建てる」といった恵まれた環境が既に用意されているレズビアンも。
一方で「既に購入済み」というレズビアンも少数ながらもいるようです。

 

 

Q2.周りに頼れるレズビアン(バイセクシャル)の友人は何人いますか。

 

 

現実的には信頼できるセクシャルマイノリティの友人を一人も持っていないレズビアンは多くいるようです。
同じ境遇に置かれている友人がいる方が心強いのでしょうか。
しかし、中には「ストレートの友人だけで十分です」という方も。

 

 

Q3.レズビアンとして生きていく上で、特に必要なことはなんだと思いますか?

 

第1位 安定した職に就く 241pt



第2位 前向きな気持ち 232pt



第3位 信頼できる友人 230pt



第4位 恋人・パートナー 219pt

 

第5位 貯蓄 203pt

 

第6位 しかりとした将来設計 195pt

 

第7位 医療保険 103pt

 

第8位 両親の理解 102pt

 

第9位 周囲へのカミングアウト 99pt

 

第10位 社会的地位 97pt

 

第11位 持ち家・マンション 84pt

 

第12位 レズビアンコミュニティに属する事 31pt

 

レズビアンとして生きていく上で、特に必要なことの第一位は「安定した職に就くこと」という、現実的な面である一方で、第二位には前向きな気持ちという精神面での強さも必要だと考えている方も多いようです。
第三位に「信頼できる友人」がきていることから、恋人やパートナーよりも最終的に頼りになるのは友人と考える人が多いのでしょうか。
中には「覚悟」のみという方や、「生きやすい世の中になるように運動を起こし続ける」という方も。
これからは特に同性結婚やそれに類似した法改正が行われるか否かにより選択肢の幅は大きく変わってくるかもしれませんね。
アンケート結果を見ると、皆さんそれぞれ真剣に戸惑い、悩み、考えていることに驚きました。
自分なりの人生を苦悩しながらも、前向きにそして責任持って全うできるだけで素晴らしいことのように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。