女の子が好きなのにまだ踏み出せずにいた頃の自分に教えてあげたいこと6

レズビアンだとまだハッキリと自認できずに、悶々としていたあの頃・・・。
「女の子は好きなんだけど、一体この気持ちどうすればいいの?!」と、新しい世界になかなか踏み出せずにいた人も少なくないはずです。
そんな初々しい自分に教えてあげたいことをご紹介致します。 

【1】とりあえずビアンの友達を作ってみろ!

一人で色々考えてたって何も始まらない!誰にも話せなかった同性愛についての話を共有できたり相談できる友達ができれば視野は広がってくるはず。
だけど、いきなり二丁目に繰り出すなんていくらなんでも怖すぎる・・・そんなウブなレズビアンの卵はSNSや掲示板で適当に気が合いそうな人と連絡をとってみるのもいいかも。
まずは、気軽にメールのやりとりができる友達を作ってみましょう。
ただし、稀にネカマが潜んでいるのでネット上でのやりとりには注意が必要。
相手が本当に信用できる人だと判断できるまでは、あくまでもライトに付き合うのがよさそう。

 

【2】オフ会とかイベントに行ってみろ!

SNSや掲示板で出会ったビアン友達とのメールも楽しく、なんとなく気が合いそうだと思ったら、一緒にオフ会やイベントに行くのは良いかもしれません。
いきなり二人で会うのは少し危険だけど、オフ会やイベントだったら大勢の人がいるので安心!
オフ会やイベントに行けば様々なレズビアンと出会えるのでお友達がたくさんできることでしょう!そこから、また新たな一歩へと繋がるかもしれません。

 

【3】ビアンの世界は狭いぞ!

レズビアンの世界に踏み込んだばかりの頃はさぞかし楽しいことでしょう。
新しく知ることばかりですべてが新鮮!思ってたよりモテたりなんかしちゃったら有頂天になることも。
そこで調子に乗って恋愛ゲームしてると痛い目に遭います。
いい感じの子Aといい感じの子Bが友達だったなんて話はよく聞きます。
そこからあらぬ噂を流されたり。そのネットワークの威力は絶大で「アイツCとも遊んでるらしい!」と、噂話はどんどん大きくなっていきます。
くれぐれも誠実に。

 

【4】思ってる以上に女の子の唇は柔らかい。

初めて女の子とキスをすると驚くことでしょう。
「なんて気持ちいいんだ!!!!!」と。
あの頃の自分に早く教えてあげたい・・・でもやっぱりまだとっておいてあげたい。

 

【5】女同士のS○Xは本能に任せろ!

女同士のS○Xがどう行われているのか妄想を膨らませていた時期もあることでしょう。
激しいレズビアンものの動画を見て「本当にこんなことができるのか?!」とちょっと不安になったり。
だけど、そんな不安は本能のまま任せれば上手くいきます。元ネコがリバを通り越してバリタチになったなんて話はよく聞きます。
でもやっぱり女性同士のS○Xは想像がつかない・・・そんなあなたに・・・
「カップルの数程セッ○スの数がある。みんな違ってみんないい!」

 

【6】一度踏み出したら戻れなくなるぞ。

興味本位や軽い気持ちでレズビアンの世界に踏み入れようとしている人もいるでしょう。
一部の生粋のレズビアンから「ファッションレズ」と呼ばれ、嫌われてしまうことも知らずに、堂々と「ちょっと前まで男と付き合ってたからバイかなー」なんて言ってレズの社交場の空気を凍りつかせていることでしょう。
そんなファッションレズ気味だったあなたも一度レズビアンの世界にハマってしまえば戻ることはなかなかできなくなる可能性が高いでしょう。
ここでの「ハマる」とは、心から本当に好きな女性ができたらという意味です。
女性との恋愛を通した幸せや、男性との恋愛では得られなかったかけがえのない経験を得ることができた人の多くは、やはり女性同士の恋愛でなくては・・・となる人が多いような気がします。
まぁ、年々ドレズになっていくからってそんなに恐ることはありません。レズビアンとして生きていく覚悟は年をとるごとについてくるから安心しなさい!

何も知らなかったウブなあの頃の自分に、皆さんはどんなことを伝えたいですか?
その他にも何かありましたらご意見お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。