LGBTQ系の大学サークルってぶっちゃけどーなの?

【Q1】どんなことやってんの?

活動内容は、サークルによって本当に様々です。
主には、LGBTQ同士の交流を図るために茶話会や座談会を企画するサークルや、セクシュアリティやジェンダーについての知識を勉強し研究するサークル、LGBTQの存在を社会に認知・理解させるために広告や雑誌を作ったりするサークル等が多いでしょう。

 

【Q2】どんな人がいるの?

セクシャルマイノリティーの方はもちろん、ストレートの方もいます。
中にはセクマイ当事者だけをメンバーにするとしているサークルもありますが、多くのサークルはセクシュアリティフリーを掲げています。
レズビアンだけのイベントではなかなか出会えないような人に出会えることもあるそう・・・!

 

【Q3】カミングアウトしなきゃいけないのかな・・・?

カミングアウトをしなければいけないなんてことはありません。
言いたくないことは言わなくていいんです。
でも、他の場所よりもカミングアウトがしやすいのは事実のようです。
特に「ノンケのフリをするのがつらい・・・!」という方は、本当の自分を表に出せるきっかけになるかもしれません。

 

【Q4】サークル内恋愛とかあったりする!?

やっぱり出会いの場になるんでしょ!?と思いきや、意外とそうではないですようです!
サークル内で仲が良くなっても、なかなか恋愛には発展しないようですね。
あってもおかしくないのに・・・恋愛って難しい(笑)

 

【Q5】サークルをやっていて、どんないいことがあるの?

同年代のセクシャルマイノリティー当事者との沢山の出会いがあります。
「自分と同じような人は居ないんじゃないか?」なんて悩んできた人、現在悩んでいる人にはオススメですね。
レズビアンだけでなく、セクシュアリティを問わず、様々人に出会えるというところも楽しそうです!
自分の世界が広がりそうですよね。

近年は様々なLGBTQ系大学サークルが活動をしています。
そんなLGBTQ系大学サークルについて少しでも知るきっかけになれば嬉しいです。(by.黒百合)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。